ブラスト機の厚地鉄工HOME > ウエットブラスター

ウエットブラスター

ドライブラスト工法の粉塵を一掃!

ウエットブラスターはバキュームブラスターが粉塵を吸引して清潔な環境を保つのに対し、霧状の水を噴出することによって粉塵の飛散を防止します。
ウエットブラスターは微粉塵・研削材・破片を完全にとらえるため、いままでブラスト作業が行えなかった場所でも、処理能力の変わらないブラスト作業を行えます。

ACRニューウエットブラスター

ACRニューウエットブラスターはノズルにウエット・ノズルホルダーを取り付け、ブラスト噴射にあわせて水を霧幕状にして噴射。粉塵を外側より包み込んで飛散を防止します。
ウエットノズルは吸気ジェット方式により、水を霧幕上で噴射し、研削材・破片・微粉塵にいたるまで完全にとらえることができます。したがって、いままでブラスト作業ができなかった場所でも処理能力が変わらずクリーンな環境で容易にできるようになりました。
なお、用途によって乾式ブラスト機としてもご使用できます。

ACRニューウェットブラスター

特長

  • 現在ご使用のブラスト機に接続が可能。
  • 集塵効果は微粉塵にいたるまで完全に防止できます。
  • 一時防錆材混合液を使用するので、塗装との対応性に優れています。
  • 乾式ブラストと処理能力はほとんど変わりません。
  • 研掃面の確認がしやすく、作業効率に優れています。
  • 人体に比較的無害な重曹を研削材に使用すると、重曹ブラスターになります。

取り扱い方法

  • 空気元バルブを開いてください(減圧弁2kg/cm3にセット)
  • 攪拌バルブを開いてください。
  • 水溜めタンクに水を入れ適量の防錆剤を滴下してください。
  • 調圧弁を開き、平地では空気減圧弁2kg/cm3で混合液を圧送してください。
    高い場所での作業は10mあがるごとに1kg/cm3圧力をあげて圧送するようにすると、作業に支障はありません。
  • 混合液放出弁に混合液ホースを接続し放出弁を開いてください。
    これでウエットブラスターの準備は完了です。
  • 混合液ホースをブラストホースの先端にあるホルダー部に接続し、ウエットノズルを取り付けます。
  • ノズルを先端噴射口部に挿入してください。
  • ノズルの手元にある混合液流量調節弁を開放し、研掃作業を行ってください。
    混合液の量が少ないとウエットブラスターの効果が十分に発揮されません。粉塵飛散・研削材粒子の大きさなどを考慮して、調節弁を開放してください。
  • ブラスト終了後は研削材の噴射を止め、防錆液のみで表面を洗い流し、表面に残る水分は空気噴射によって水膜が残すことなくきれいに表面処理をしてください。

PAGE TOP

バキューム&ウエットブラスター

バキューム&ウェットブラスターバキューム&ウエットブラスターは、1台で作業現場・加工物の状況に応じて「バキュームブラスター」と「ウエットブラター」に使い分けることができます。
環境への適合を図ったアスコンバキューム&ウエットブラスターは、コンパクト設計で手軽に持ち運びでき、小型トラックに乗せたままでも作業ができます。

バキュームブラスター

バキュームブラスター(乾式)としてご使用の場合は、集塵回収機を接続してください。研掃・回収・選別・集塵の機能が働き連続作業ができます。また、ガンホルダーからの吸引により、粉塵の飛散を完全に防止。快適な環境で作業ができます。

バキュームブラスター

ウエットブラスター

ウエットブラスター(湿式)としてご使用の場合は、ノズルにウエットノズルホルダーを取り付けます。ウエットノズルは吸気ジェット方式により水を霧幕状で噴射し、研削材・破片・微粉塵にいたるまで完全にとらえるので、いままでブラスト作業ができなかった場所でも処理能力が変わらず清潔な環境で作業ができます。

ウェットブラスター

PAGE TOP